トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

メールdeチャネリング

チャネリングでも「メールチャネリング」は、

私にはまだできないって思っていたのですが

たまたまメールでチャネリングをする機会をいただきャネリングをしたら

・・・ちゃんとできていたようです・・・うふふ~よかったぁ*

メールチャネリングもいたします・・・よろしくお願いします*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守屋元事務次官・・・

TV、新聞を最近賑わしているひと・・・もりや(もと)じむじかん・・・

守谷さんは自分が贈賄していることを分かっていて、

他の人が同じやり方をして、自分を脅かさないように贈賄を取り締まる規則を敷いたひと

「綱紀粛正を呼びかける通達は、事務次官や官房長、つまり守屋氏の名前でわれわれの所に届いていた。その本人がなんでこんなことを。しかも奥さんまで…、一体何なんだ」

 怒りだけでなく、とまどいも感じているのは、現職幹部や自衛隊員。

・・・・以下のURLより抜粋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000094-san-soci

自分のしていることをよく分かっていて、そういうひとが規制をかける

(締め付けを強くする)事例

単純に人脈があるっていうのは良いことなんだけれど・・・

     過ぎたるは及ばざるが如し

『情報』と『人脈』の維持は大変なんだってこと・・・ほどほどにするのは

誰のためでもなく「自分のため」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイキを使って

今日の夕食の材料のなかに、日数が経ったニンジンがありました・・・そんなワケで、ニンジンに「レイキ」をしました パワーUPするかなぁ~って

せっかくだから 材料すべてにレイキをしました・・・

そうしたら、できたきんぷら風の煮物は薄味で体にやさしそうな味のものでした どう味わっても・・・薄めの味でした(私は)

でも濃い味好みの、家族は・・・味が甘辛くって美味しいね!!!と濃い味らしいことを言っていました・・・

不思議なことに好みの味になっていたようです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正直なハナシ

正直に言うことって大切です

正直であることと、相手を傷つけてまで言うことは別もの・・・相手のことを思って正直に言うとき そのときは『思いやり』という「愛」を持って言えていると感じます

どちらかというと正直でいることが「良い」という概念の家族のなかで育った私

正直さをとことん追求していくと、正直さにレベルがあるなら・・・中庸(真ん中のゼロの状態)を行き過ぎて、相手にとって必要の無い言葉を言っていることに気が付きました

人がなぜ怒っているのかが不思議でした

でも、今はわかります・・・思いやりを持って言うことが大切なんだって・・・ね

そういうのから犯罪も起こったりします

たいてい、探偵、刑事ドラマでは・・・そういう不用意な一言についての例をいつも用意して、話を創っていますもの・・・ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶香炉で・・・

最近、茶香炉をよく焚きます

香炉の香りはモチロンお茶も使いますが、薔薇の花びらも使ってほのかな香りを楽しんでいます

玄関の辺りに・・・ほんのり香るやさしい香り・・・とても贅沢な楽しみで良いです

キャンドルの灯りもこの時期にとってもよく似合って、ゆらゆらと揺れる炎がとても暖かく感じます

Photo これは茶香炉ではなく~・・・おもてなしランプ

茶香炉のパーティ会場では・・・薔薇の花の妖精さん(フェアリー)と、炎の精の楽しいダンスをみることができるかもね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お友達とランチ

家で食事をするのは・・・気持ちの中の・・・めんどくさい<美味しい・・・で美味しいが勝っているので作って食べています

作るのはそんなにたくさんは作れませんよ~

美味しいお昼ご飯はお友達を誘うのが一番!!!

材料費はいただきますが・・・一人で食べるのよりずっと楽しい~*

オススメですよ~*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分

いろんな気分があります

楽しい気分・・・つらい気分・・・悲しい気分・・・腹が立つ気分・・・〈喜怒哀楽〉

そんなとき風景もそんな風に見えてきませんか?

あなたの感情の波のなかに・・・だれでもない・・・『あなた』が飲み込まれている状態

もちろんわたしも・・・よく飲み込まれています・・・

また変化することもできる

そんな気分になれない・・・そんなときには・・・

リラックス リラックス~・・・文字通り『気分転換』してみてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年12月 »